有限会社日野機材

会社案内
案内図

取扱商品
工法1
工法2
作業工程

納入実績

メールフォーム

◆◆◆軽量鋼矢板工法◆◆◆
建込み方式 軽量鋼矢板工法
掘削した地山が自立することを前提とした工法で、その手順は、一定の深さまで掘削機械により溝掘削を行い、軽量鋼矢板を建て込んだ後、所定の深さまで押し込み、地上から専用の治具を使用して最上段の腹おこし及び切りばりを設置して土止め支保工を組み立てる方式です。2段目以降の腹おこし及び切りばりの設置は、専用の作業台を使用しています。


打込み方式 軽量鋼矢板工法
砂地質や湧水等のある軟弱な地盤の掘削に使用されることが多い工法で、その手順は、溝の幅に合わせてあらかじめ軽量鋼矢板をくい打機等により打ち込んだ後、最上段の切りばりを設置する深さまで堀削を行い、地上から専用の治具を使用して腹おこし及び切りばりを設置して土止め支保工を組み立てる方式です。2段目以降の腹おこし及び切りばりの設置は、必要に応じ専用の作業台を使用して行います。


COPYRIGHT(C) 2005 hinokizai ALL RIGHTS RESERVED.